●越谷英検とは    <越谷英検と英検試験について>

越谷英検とは


 平成元年に越谷市生涯学習のひとつの取り組みとして 英検の試験会場の設定や、独自の英検勉強会を実施し
どなたでも身近に英検が受験できる場をつくりました。 越谷市民をはじめこれまでに、延べ1万人を超える方々が受験し、
多くの方々が英検資格を取得されています。

試験会場の設定から 英検の実施、さらに英検の勉強会を開催することで 初めて英検を受験されるかたでも安心して
受験ができるお手伝いをしています。

英検は英語能力を段階的に それぞれのレベルに応じた問題構成になっていますので ご自分の能力に応じて受験すること
ができます。  受験者の年齢は 3才から 80才以上の受験者までいらっしゃいます。

受験できる級は、5級(基本的な英語レベル)から 2級(短大レベル)までです。 いずれも資格として認められ 実用的価値の
あるものです。 また 海外旅行等趣味として、生涯学習のとして 英検に取り組むこともできます。

 越谷英検では、勉強会を開催します。
英検の解答用紙の記入方法から、過去問題を中心に問題の傾向、解き方などを講習します。 初めて受験される方、勉強法が
わからないという方、さらに学力をつけたい方、ぜひ参加されてみてください。 

越谷英検の取り組みが 市民の英語力の向上と 国際交流が果たせる街づくりに貢献できれば幸いです。


越谷英検
代表:小林一成



英検(実用英語技能検定試験)とは


 英検とは、「聞く・話す・読む・書く」の4技能を、基礎知識から運用能力まで総合的に測るように構成されており、
英検が検定する英語は「状況などに応じて適切にコミュニケーションができる、一般的・総合的な英語」と言えます。

 試験は、初歩段階の5級からネイティブ・スピーカーに準ずる1級までの7つの級に分かれています。 
テスト形式は筆記試験に加えて、すべての級でリスニングテストがあります。

3級以上では面接形式によるスピーキングテスト(二次試験)を実施し、それぞれの技能を直接測定しています。




問題の内容・評価についての基本的な考え方


1. 試験問題はすべて実用性(practical)ということに基調をおいて作成されます。

2. 題材は、日常の身の回りのことがらから、級が上がるにつれて、新聞・雑誌・テレビやインターネット・ビジネスなど
で使われる海外の話題も多く採用されます。

3. スピーキングテスト(二次試験)では「アティチュード」という評価項目を設け、自分の考えや情報を積極的に伝えよ
うとする態度が評価されます。

4. 「日本人が英語でコミュニケーションができるようになる」という前提に立って、題材に日本の社会・文化・政治や
日本人のものの考え方などに関するものを取りあげています。



 試験概要

 英検は4技能を適切に測定するために、一次試験で筆記試験とリスニングテストを、二次試験で面接形式による
スピーキングテストを実施しています。

4級と5級は一次試験だけで合否を判定し、1級〜3級は一次試験を合格した人は二次試験を受験し、その二次試験
によって最終的な合否が判定されます

一次試験
一次試験は、各級ともに、語い・熟語、文法・語法、読解、作文、リスニングの能力などが試験され、これらを総合して合否が判定されます。解答形式は、準1級〜5級は正解をマークする客観形式で、3級以上ではこれに記述形式が加わります。
  リスニングテストは、全国統一のテープによって、筆記試験の後に行われます。一次試験問題のなかに占める配点の割合は、1級〜準2級は30%前後、3、4級は約46%、5級は50%となります。
二次試験

二次試験は、個人面接形式によるスピーキングテストで、会話能力を直接測定しま す。面接委員は、1級は日本人と外国人各1名、準1級〜3級は主として日本人1名 で、試験はすべて英語で行われ、合否は、それぞれの級の評価項目(要素)を総合し て判定されます。試験方法は下記のとおりです。

一級
5つの英語のトピックスが書いてあるカードを使って試験します。1つのト ピックを選び1分間考える→2分間のスピーチ→4分間の質問応答の順で進行し、語 い・文法・発音の正確さ、発話のしかた、話のまとめかた、コミュニケーションを円 滑に進めていける力などが評価されます。

準一級
4コマのイラストと英語の指示文が書いてある問題カードを使って試験します。 イラストについて1分間考える→2分間のナレーション→4つの質問応答の順で進行し、 ナレーションでは話の内容、発音・流ちょうさ、語い・文法・語法などが、質問応答では 内容、情報量、語い・文法、音声の自然さ、自分の意見を自分の言葉で述べているか、 などが評価されます。

二級〜三級
英文とイラストが書いてある問題カードを使います。英文を20秒間黙読→音読→5つの質問応答の順で進み、 音読では文の区切り、発音、アクセント、リズム・イント ネーションなどが、質問応答では内容、情報量、語い・文法、 表現方法の自然さなどが評価されます。質問は、(1)英文の内容に関するもの(2)イラストに関するもの(3)英文とイラスト に関した質問で、受験者個人の意見を述べさせるものの3種 類があります。

全級
各級とも、最初に面接委員と簡単な自由会話を行います。また、「アティチュード」という評価項目で、面接室への入室から退室までの、受験者の「コミュニケーションを図ろう とする意欲・態度」が評価されます。「自分の言葉を理解してもらい、コミュニケーションを持続させようと努めているか」、「音声は明瞭か」、「自然な流れを損なわない、スムーズな応答ができているか」などが評価の対象になります。

 

 TOPページに戻る